ダイエットにOKな食品とNGな食品

ダイエット中に食べてもOKな食品とNGな食品とは

このページでは、ダイエット中に食べてもOKな食品とNGな食品について詳しく書いています。

 

ダイエット,食品,OK,NG

 

ダイエット中に食べてもOKな食品とNGな食品について知りたい方、ダイエット中に食べてもOKな食品とNGな食品って何?

 

という方の参考にしていただけたら幸いです。

ダイエット中に食べてもOKな食品

ダイエット,食品,OK,NG

 

ダイエットには、意外にも肉や卵などのタンパク質は必要です。でもダイエット中にお肉を食べるのはなんだか気が引けますよね…

 

油分はダイエットに影響しないだろうか、お肉のせいで努力が水の泡になったら…と心配になる人もいるかもしれません。

 

しかし、脂肪を燃焼させて健康的に痩せるためには、実はタンパク質が鍵となります。

 

ではどんなタンパク質がダイエットにいいのか具体的に話していきます。

 

大豆製品

 

ダイエット,食品,OK,NG

 

ダイエットに良いたんぱく質を含む食品には、大豆製品があります。その中でもおからや豆腐は、高たんぱく質で低カロリーになります。

 

特にお豆腐は、暑くなれば冷奴に、寒くなれば鍋に入れることができる万能で美味しい食品です。

 

また、大豆には女性ホルモンに似た成分も入っていますので、バストアップ効果も少なからず期待できます!

 

鶏胸肉や鳥ささみ

 

ダイエット,食品,OK,NG

 

鶏胸肉や鳥ささみは高たんぱく質で味が単純なので、塩と胡椒以外にサラダにも合います。

 

カルシウムと鉄分が豊富な水菜と、ダイエットの強い味方である生大根に、割いた鳥ささみをあえて食べてみてください。

 

シャキシャキ感がたまらない美味しいダイエットサラダになりますよ!

 

ナッツ類

 

ダイエット,食品,OK,NG

 

ナッツ類を食べても太らない理由は、様々な栄養素を含んでいるためです。ナッツ類には、肌の美容に良いビタミンE、脂肪燃焼や代謝アップに効果的なビタミンB群、鉄分やむくみを取ってくれるカルシウム等が豊富に含まれています。

 

また、ナッツ類は食物繊維も豊富なので、ダイエットには最適です。

 

更には血糖値を上げ過ぎない効果もあるため、糖尿病の予防にも役立ちます。

 

気になるのはカロリーですが、ナッツ類の半分は脂質になります。ナッツ類の脂質は実は体に良い油で、世界一セクシーな美ボディで有名なヴィクトリアズ・シークレットのモデル達も注目をしている、オメガ3脂肪酸という成分で出来ています。

 

オメガ3脂肪酸は摂取しても脂肪として蓄積されにくい不飽和脂肪酸であるため、高カロリーな食品ですが肥満の解消を助けてくれます。しかし、これもあくまで脂質ではあるので、食べ過ぎには気を付ける必要があります。

 

オメガ3脂肪酸を含むナッツには、下記のようなものがあります。

 

  • アーモンド
  • ココナッツ
  • ヘーゼルナッツ
  • カシューナッツ
  • マカダミアナッツ
  • ピスタチオ
  • 栗とくるみ
  • 松の実
  • ジャイアントコーン

 

ただし、ピーナッツは該当しないので、注意が必要です。

 

以上より、お菓子等の脂肪の多い物を食べるより、ナッツをおやつに食べるようにすると太りにくくなります。

 

ダイエットに適した魚とは

 

ダイエット,食品,OK,NG

 

ダイエットに適した魚には、下記のようなものがあります。

 

鮭(サケ)

栄養面から見てダイエットに適した魚とは、「鮭」です。鮭にはアスタキサンチンという成分が含まれているので、その効果により体力が回復しやすくなり、運動効果もアップします。他にも高い抗酸化作用と脂肪代謝のアップが期待出来て、美肌効果と生活習慣病の予防にも役立ちます。

 

鱈(タラ)

タラは低カロリーなのでダイエットの味方であり、下記のような成分が豊富に含まれているので、栄養バランスが整えられています。

 

  • ビタミンE
  • ビタミンD
  • ビタミンA
  • パテント酸
  • 亜鉛
  • グルタチオン

など

 

鯖(サバ)

鯖にはDHAとEPAが豊富に含まれているので、血流の流れを良くしてくれ、体内の老廃物を排出してくれる効果も期待できます。

 

また、鯖には健康効果や、ニキビや肌荒れ等の美肌効果も期待出来ます。

 

秋刀魚(サンマ)

さんまには特にDHAが多く含まれているので、善玉コレステロールを増やしてくれます。

 

更に、さんまには下記のような成分も配合されています。

 

  • たんぱく質(良質なもの)
  • 鉄(貧血予防効果)
  • ビタミンA(粘膜を丈夫にする)
  • カルシウム(骨や歯を丈夫にする)
  • ビタミンD(カルシウムの吸収を促す)

 

中性脂肪を落とすなら青魚がおすすめ

中性脂肪を落としたい場合は、青魚を食べるのがおすすめです。青魚に含まれるDHAやEPAには中性脂肪を下げる働きがあり、それらは白身魚よりも多く含まれています。

 

カロリーを減らすなら白身魚がおすすめ

カロリーを減らしたい場合は、白身魚がおすすめです。白身魚は、低カロリー、低脂質な上、良質のたんぱく質も豊富に含まれているので、ダイエットに最適と言えます。

ダイエット中に食べるとNGな食品

ダイエット,食品,OK,NG

 

ダイエット中に食べるとNGな食品には、下記のようなものになります。

 

炭水化物

 

ダイエット,食品,OK,NG

 

ダイエット中に食べるとNGな食品には、全てが駄目というわけではありませんが、炭水化物が当てはまります。

 

特にパスタやパン等はNGになります。

 

パンにはバターや砂糖、ミルク等が大量に使われており、炭水化物だけでなく、脂質や糖質も多く含んでいるのでNGになります。また、パスタは一緒に食べるソースに脂質や糖質が多く含まれているので、NGになります。

 

さらに、パンとパスタは腹持ちが悪く、元々消化しやすい食事であるので、直ぐにお腹が空いてしまいます。

 

糖質沢山のデザート

 

ダイエット,食品,OK,NG

 

糖質が沢山使われているデザートは、高カロリーなのでダイエットの天敵です。なので、デザートを食べたい場合は、ケーキやプリンではなく、コーヒーゼリーやヨーグルト等を食べると良いです。

 

アイスもクリームを使っているハーゲンダッツ系ではなく、シャーベット状の水分の多いアイスを食べるようにしましょう。

 

脂身のお肉

 

ダイエット,食品,OK,NG

 

霜降りやさしの入った脂身のお肉はNGになります。脂身の多い肉は脂質が多いのはもちろん、腹持ちも悪いという特徴があります。

 

それに、脂身の多い肉は直ぐにお腹がいっぱいになったように感じるので、あまり量も食べられません。それは実はお腹がいっぱいになったのではなく、胃もたれしているだけなのです。なので、ダイエット中に食べるなら脂身よりも赤身の肉の方がおすすめです。

ダイエット中に食べるなら白米と玄米どっちが良い?

ダイエット,食品,OK,NG

 

白米の特徴

お米はほとんどが水分で出来ていますが、中には食物繊維も含まれています。しかし、ダイエットに必要な脂肪を燃焼させる成分である、たんぱく質やミネラル、ビタミン等の栄養素は微々たる量しか含まれていません。それに、白米は炭水化物の塊なので、エネルギーにはなりますがダイエットにはNGな食品になります。

 

玄米の特徴

玄米は白米と比べるとGI値が低い食品であり、ヘルシーなのでダイエット中に摂取しても大丈夫です。

 

GI値とは、糖質が吸収されて血糖値が上昇する速さを表している指標になります。

 

そして、玄米には、下記のようなダイエットに有効な栄養素が、白米と比較して3倍程含まれています。

 

  • ビタミン
  • ミネラル
  • マグネシウム
  • 食物繊維

など

 

ただし、玄米は一般的に体に良いとされてはいますが、食べ方には少し注意が必要です。玄米には、人間の体に有害なフィチン酸やアブシジン酸が含まれているので、炊く前に数時間水に浸して発芽させる必要があります。

 

まとめ

以上より、ダイエット中に食べるなら白米より玄米を選んだ方が良いです。しかし、玄米は高いですし、あまり好きでない場合には、お米を冷蔵庫で一度冷やしたご飯を食べるようにするのがお勧めです。お米の成分であるでんぷんが変化し、太りにくい成分になりますよ^^

ウェイトゼロダイエットサプリの通販購入はこちら!トップページへ脂肪の塊を綺麗にしたい方やぽっちゃり体型を改善したい方は、トップページでウェイトゼロダイエットサプリの詳細をチェックしてみてください^^