ダイエット中の間食の食べ方

ダイエット中の間食の食べ方

ダイエット,間食,食べ方

 

ダイエット中の間食の食べ方は、お腹がいっぱいになるまでは食べない事です。美味しいからと手が伸びてしまうが、止まらなくなる事もあります。開封すると全部食べてしまいやすくなるので、個放送されているものが良いです。

 

寝る3時間以降は食べない事で、夜は昼間と違い活動量が少ないのでカロリーを消費するのも少ないです。この時に間食をすると、余分なエネルギーを作ってしまい太りやすくなります。GI値が低いお菓子を選ぶ事で、食べ物を食べた時の血糖値の上がりやすさを数値で表したものです。

 

GI値が高い食べ物は血糖値が上がりやすいので、脂肪になりやすいです。ブドウ糖が増えて血糖値が上がり、血糖値を安定させるために膵臓からインスリンが分泌されます。インスリンが分泌されると、中性脂肪が沢山出るので脂肪が溜まりやすいです。

 

ダイエットのためには、血糖値の上がりやす食べ物は食べない方が良いです。少しの量であれば間食に食べるのであれば、神経質になる必要はないです。もしもGI値が高い物を食べた日の翌日は間食をしないなど、自分でルールを決めるのがお勧めです。

 

GI値が高い物は飴やどら焼き、チョコレート等で、GI値が低いのはプリンやヨーグルトやゼリー等になります。

飴を食べてダイエット

ダイエット,間食,食べ方

 

飴ダイエットは、食事制限をしないで空腹感や食欲に耐えられない時に、飴を舐める事で食欲を抑える事が出来るものです。飴のイメージは甘いものであるので、多くの人がダイエットには不向きだと思われています。しかし一粒のカロリーはとても低いので、間食等をしてしまうよりはほとんど気にならないです。

 

目標にする体重がある場合、そこまで体重を減らすのに長い時間空腹感と闘う事になります。ストレスも溜まってしまうが、この時に飴を舐めるとその甘さから大きな満足感を得られます。食事の前に飴を舐める事で、食欲を抑制出来る効果もあります。

 

空腹感を我慢し続けて、食事の時間になった時にその空腹感から多くの量を食べてしまう事があります。食事の前に舐める事で、空腹感を和らげて食事の時に多くの量を食べる事がなくなります。飴ダイエットでは摂取量がとても重要で、基本的には緊急時に舐める事です。

 

食欲が我慢出来ない時や空腹感に耐えられない時に利用すると効果があります。少しの空腹感だけで頻繁に摂取してしまうと、体重を増やしてしまいます。目安になるのは、1日に5.6粒程度です。3食の食事の前とおやつの15時頃と、寝る前の空腹感を満たす前に舐めるようにしましょう。

枝豆ダイエットの効果

ダイエット,間食,食べ方

 

枝豆ダイエットとは、よくある置き換えダイエットの事でお菓子等の間食を枝豆にします。このため、ダイエットに付きものの辛い食事制限や面倒臭いカロリー制限等はないです。効果はカロリーが低くタンパク質が豊富である事で、ダイエット中にはカロリーを制限すると足りない栄養素があります。

 

栄養の不足が原因で抜け毛が増える場合もあり、この時に足りない栄養素を見るとタンパク質である事が多いです。タンパク質はダイエットに欠かせない栄養素で、足りていないと痩せる事が出来ないです。ダイエットの時にタンパク質を摂取するために枝豆を食べると、効率的に摂取出来ます。

 

痩せやすい身体作りはもちろん疲労回復にも繋がるのが、代謝が良くなる事です。むくみの解消にもなり、体調がすぐれない人にもぴったりです。鉄分は不足すると貧血やめまいだけではなくて、太りやすい体質になります。

 

枝豆を摂取すると少しづつ体内に鉄分を増やせて、女性の場合は毎月生理があるので不足しやすいです。他の効果もあり、脂肪を燃焼しやすくしてアンチエイジング効果等女性には嬉しいものばかりです。やり方は基本的には間食を枝豆に変えるだけで、それ以外は何を食べても問題ありません。

ウェイトゼロダイエットサプリの通販購入はこちら!トップページへ脂肪の塊を綺麗にしたい方やぽっちゃり体型を改善したい方は、トップページでウェイトゼロダイエットサプリの詳細をチェックしてみてください^^