ダイエット中の朝ごはん

ダイエット中の朝ごはん

ダイエット,朝ごはん

 

夕食を食べた時間にもよりますが、19から20時くらいに夕食を食べたとすると、翌朝までは10時間は何も食べていな状態になります。日中は活動量が多くなくても、一晩中何も食べていない状態なので身体は飢餓状態になっています。

 

この状態は、脂肪を溜め込みやすい状態です。この状態で朝ごはんを食べないと、前日の夜から昼食まで15時間以上空腹が続きます。夜寝ている間は身体の機能が抑えられているので、体温も下がっています。

 

朝ごはんを食べると体温が上がるので、エネルギーの効率も良くなり消費カロリーも増えます。このため、朝ごはんを抜くと基礎代謝が落ちてしまい太りやすくなってしまいます。お勧めのメニューとしては、主食が好きな人は糖質を摂り過ぎてしまうので1日に総カロリーを減らすために朝の炭水化物を減らす事です。

 

目安は今までの半分にしたり、徐々に減らしていきます。炭水化物を食べる場合は、和食を食べるのが良いです。低カロリーであり、栄養もたっぷりと摂れるためです。特に味噌汁がお勧めで、前日に作っておけば朝は温めるだけで良いので簡単です。

 

具もなんでも良いので、冷蔵庫にある野菜を入れるだけです。豆腐は植物性タンパク質が、豚肉は動物性たんぱく質が摂れます。味噌汁の具材を多くすると野菜から出汁が出て汁分が少なくなり、味噌の量が減り減塩にもなります。

甘酒ダイエットの効果

ダイエット,朝ごはん

 

甘酒ダイエットは麹から作ったノンアルコールの甘酒を用意すると良いです。その際、甘酒に含まれている酵素は熱に弱いので、加熱処理をしている酒粕の甘酒はダイエットに向いていないです。甘酒ダイエットで甘酒を飲む時間は特に決まっていないが、朝に飲むのがお勧めです。

 

甘酒にはビタミンB群が含まれていて、これが脂肪を燃焼させる働きがあります。ブドウ糖も含まれていて、飲むと血糖値を上げていき満腹感を得られます。このため置き換えダイエットが無理なく出来て、1食だけを甘酒に置き換えるだけなので手軽に行えます。

 

甘酒だけではお腹が空いてしまう人は、腹持ちの良い食材と合わせると良いです。置き換えダイエットが続かない人は、間食のおやつの代わりに飲んだりして1日の摂取カロリーを減らせます。食事の前に飲むと、食べる量を自然に抑えられます。

 

本格的なダイエットを行うのであれば、2.3ヶ月は続けます。短期間で結果を出したい場合は、2週間が目安です。置き換えダイエットで朝に行うのが1番早く効果を出す事が出来て、寝起きで胃の中が空なので栄養の吸収が早いためです。

 

朝に栄養が足りないと、身体が足りない分を補うために脂肪を付け始めてしまいます。栄養を十分摂れると、痩せる体質を作れます。

置き換えダイエットのやり方

ダイエット,朝ごはん

 

置き換えダイエットは、1日3食の中の1食を別の食材に置き換える方法です。効果が最も高いのは夕食に行うのが良く、朝や昼だと食べてから仕事をするので身体や頭を動かすのでしっかりと食べた方が良いです。

 

夕食の場合は寝るだけなので、カロリー摂取を沢山しなくても問題がないためです。置き換えダイエットの定番はシェイクやドリンクがあるが、大幅にカロリーダウン出来ます。継続出来るとダイエットは成功出来るが、味が問題で美味しくないものを飲み続けるのは苦痛です。

 

この時にはNatural Healthy Standardさんのグリーンスムージーにすると、厳選した200種類の葉野菜やフルーツのミネラルと酵素をダブルで配合されています。日本はもちろん世界でも人気が高く、1杯22.86カロリーで低カロリーです。

 

マンゴー味なので、牛乳と一緒にシェイクすると美味しく飲めます。シェイカーのまま飲めて酵素とミネラルを摂れるので、ダイエットと美容に最高です。おからも腹持ちが良く安くて効果が高く、水と一緒に摂取すると更に腹持ちが良くなります。

 

出来るだけ糖質の少ない味付けにしてバリエーションを増やすと置換えダイエットの継続がしやすくなります。

ウェイトゼロダイエットサプリの通販購入はこちら!トップページへ脂肪の塊を綺麗にしたい方やぽっちゃり体型を改善したい方は、トップページでウェイトゼロダイエットサプリの詳細をチェックしてみてください^^